経営の姿勢と美白
経営の姿勢と美白
ホーム > 化粧水 > 化粧水はコットン?それとも手?

化粧水はコットン?それとも手?

化粧水のつけ方ひとつで、肌質が変化するということをご存知でしょうか?

いい化粧水を使えば肌質が変わるというわけではありません。

同じ化粧水でも、どのようにつけるかで効果は全然違うのです。

 

化粧水をつけるうえでこだわってほしいポイントは2つあります。

1つ目が、化粧水のつけ方。

 

手ではなく、コットンを使ってください。

手は、顔と同じく皮膚なので化粧水がしみ込みます。

つまり、手で化粧水をパタパタとつけていると、顔ではなく手にしみ込んでしまう可能性があるのです。

顔につけているつもりで、手の方が潤っている・・・なんて勿体ないですよね。

コットンを使えば、コットンにしみ込んだ化粧水を効率よく肌にしみ込ませることが出来ます。

 

2つ目が、化粧水の量。

高級な化粧水だと使うのがもったいなくて、少量しかコットンにつけていないというのはNGです。

コットンの刺激が伝わってしまいます。

もったいなければ、価格帯を1つ落としてたっぷり使いましょう。

肌にピタピタと吸い付くくらいの量でパッティングするのが肌がプルプルに潤う秘訣です。

肌の老化の原因を知りたいなら